<   2005年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ノー残業デー

だったりします本日。
というわけで皆さん早々に引き上げます。
あと10分くらいで帰らねばならないので本日は特に話題ナシです。
上司も早々に帰ってしまいました。
冥土喫茶に行くそうですよ。

……嘘ですよ。
[PR]
by cmjichinensei | 2005-06-30 17:50 | 日々(旧)

『ファイティング・ダンジョン』(RPG10)

をやりました。RPGamer10号の付録です。
基本的には善の陣営と悪の陣営が戦う豪華版将棋みたいなゲームです。
しかして今日ご紹介したいのはそれではありません。

シナリオ2『迷宮の守り』
c0010759_21385448.jpg

どっかで聞いた作戦名タイトルです。
初期配置をご覧下さい。
手前が枢軸軍善の陣営、相手が連合軍悪の陣営です。
私が善の陣営を受け持ちました。悪の陣営はRPGのスタッフです。
勝利条件は、善の陣営がマップ右上のアントワープ宝珠を奪取して
マップ手前の端まで持って帰ること。悪の陣営はその阻止です。
入り口みたいのから、毎ターン悪の陣営には増援が生まれます。
阻止するためには善の誰かが都市を占領その入り口をふさがなければなりません。
前面にある川はもちろんウエストウォールです。

枢軸軍善の陣営の内訳は、装甲SSが三個師団、もといカウンター可能な騎士2つと、撃たれ強い戦士1つ。そして砲兵もとい魔法使いと、空挺師団もとい忍者です。
悪の陣営はとりあえずシャーマンもといゴブリンとゾンビが。ゾンビは弱いのですが、すぐに生き返るので足止めに便利です。
ちなみにZOCなしメイアタック。

まずは戦士と騎士を前に出します。機動力で圧倒するのです。
順調にゴブリンやゾンビのステップ体力を削っていきます。
忍者は好きなところに移動できるのですが、判定があります。
1ターンは失敗して、2ターン目にナミュールじゃなくてマップ上の入り口をふさぎます。
魔法使いは後方のまま。実は左前方の入り口をふさぎたかったのですが、
うまくいきません。ていうか射程が4マスなので、役に立たないままかなりの時間放置するはめに。
敵は物量で攻めてきます。
倒しても復活するゾンビをぼこぼこと増援させます。
こちらはだんだん戦力を削られ、マップ上方で停滞。押し合いへし合いするも
なかなか突破に行き着きません。
c0010759_21392396.jpg

そうこうするうちに魔術師と忍者死亡。
てきはゾンビを生み出せるネクロマンサーを、前線から遠い位置に置き、
さらにゾンビを増やします。

しかしゾンビを途中突破した戦士が、宝珠をゲット。
逃げ切れば勝ちですが、そうそううまくはいきません。
いいかげん飽和しそうなゾンビが四方を囲みます。
戦闘後前進がないので、戦士一人では前に進めません。
騎士に道を空けさせつつ、突破を狙います。
一度突破可能な瞬間があったのですが、
見事にコマはこびを間違え、失敗。
「騎士がゾンビを叩く>>戦士が突破」という状態に持って行かなければならないのですが、
じりじり体力も削られているので投了は時間の問題。
ネクロマンサーを叩けば、一気にマップのゾンビは消滅するのですが、
ようするに本国司令部みたいなもんなので、遠すぎます。

c0010759_21401269.jpg

結局ジリ貧で枢軸軍善の陣営は負けてしまいました。

「最初の数ターンが勝負なんだけど、そこで失敗したね」とは、
さんざんディベロップしたRPGスタッフの弁。

「とっとと忍者で宝珠をゲットして、魔法使いで中距離射撃の援護を受けつつ、
戦士と騎士が戦線を切り開いて、宝珠を持って帰る」というのが
おそらく理想のシナリオだと思われます。
くう!!
やはり機動力で大突破はしておかなければならないのです。
こんなミニゲームですがとってもバルジっぽかったです(あ、言っちゃった)。
我こそはと思われる方は、10号購入の上戦ってみてください。
非常におもしろいですよ。
速水先生のイラストがかわいいので、対戦相手を見つけるのは容易かと思われます。
ああくやしい。
ちなみに、まるで詰め将棋のような
ソロプレイシナリオも掲載されているのですが、
そっちもさっぱり解けませんでした。
乙女がどうやってもドラゴンに捕獲されるー。
どなたか私に必勝法(<あるらしい)を教えてください……。

でもRPG雑誌なのに、こんなウォーゲームもどきシナリオ載っけていいんですか。
[PR]
by cmjichinensei | 2005-06-29 21:43 | ゲーム(旧)

『ALEXANDER AT TYRE』(Thunderhaven Game)

c0010759_19153850.jpg
聞いたこともないデザイナーさんが聞いたこともない会社から出した
アレキサンダー(アレキサンドロス)のゲーム。

テュロス包囲戦とやらを描いているそうです。
言うこと聞かない離島の商業都市国家を
攻略しようとしたアレキサンダーが、
自国の海軍力が弱いために、陸と地続きにすべく橋を架けたそうです。
もちろんそれに対する攻撃もあったわけで、
橋ができた後はざくざくと蹂躙したらしいのですが、
それにかかった期間が半年以上にもなるという。
いーかげんぷち切れていたアレキサンダーは、
ここに住んでいたフェニキア人を許さなかったそうです。

そんなゲーム。
メガヘクスに見えてエリアゲームです。
島にはいるとポイントトゥポイント。
攻城塔のユニットとかけっこうかっこいいです。
マケドニアは橋を架けつつ搦め手で攻めつつ、
フェニキア人は阻止しつつ、防御しつつ、
マケドニア人の真意がどこにあるかを突き止めるのです。
多分。

や、そういうゲームじゃないかなって上司が言ってました。
未プレイなのでよくわからないのです。
でも説明してもらったらこの辺の歴史には詳しくなりました。
この戦いの後、結局橋は残されたので、そのうちに堆積物で、
島は今では完全に陸地の一部だそうです。
二千年の歴史を感じますね。
橋を架けなければ、今もこの島はあったかもしれません。
そんなシミュレーションもできるわけです。
歴史への挑戦。
おお。シミュレーションらしいゲームなのかもしれません。

でも聞く限り面白いかどうかって微妙っぽい。
[PR]
by cmjichinensei | 2005-06-28 19:16 | ゲーム(旧)

流行に敏感です。

うちの編集部。
というわけで大絶賛風邪流行中です。
向こう三軒両隣が風邪引き状態です。
類に漏れず上司もぐらぐらしております。
私はぴんぴんしております。

“なんとかは風邪を引かない”とかいうつっこみをする人間がいないので
“夏風邪はなんとかでも引く”を先に適用させて貰います。


早く元気になって下さいなー(心からの励まし)(仕事溜まるの怖いから)
[PR]
by cmjichinensei | 2005-06-27 21:57 | 日々(旧)

夏の大感謝祭!!

本日の日記は宣伝ですよ。

本日pm9:00より、夏の大セール開始!!

限定数30の早いモンがちですよ!
しかも期間の短い売り逃げですよ!
サンセットゲームズのユニットケースがおまけにつきますよ!

ほんとにびっくりするぐらいの値引率!!
さあ!びっくりしてください!!


ちなみにあのバカっぽいバナーは私が作りました。
ばかっぽい……。
[PR]
by cmjichinensei | 2005-06-24 18:19 | 日々(旧)

ちょちょら

私は“ちょちょら”だそうですよ。
基本的に標準語でしゃべる上司が、わざわざ地元方言つかって私を例えました。
「いやあ君に出会って初めて“ちょちょら”の意味が分かった。
君こそ“ちょちょら”だ」
ほー。
ちょちょらですか。
ちょちょらとはなんぞや。
なんとなく可愛らしい語感じゃないですか。

えーと検索検索。ちょちょら

…………。へえ。

ちなみに新潟の「(仕事などが)アバウト」という“ちょちょら”ではなく、
あくまで群馬の“ちょちょら”だそうです。

何ですか私そんなに“ちょちょら”にふさわしいっていうんですか。

(ブログ読み返し中)




…………うん。(しょんぼり)
[PR]
by cmjichinensei | 2005-06-23 19:45 | 日々(旧)

同点ホーマー

買ってもらったホームランバーにアタリが!
ありがとう上司!!
c0010759_17555056.jpg
60円の幸せです。
[PR]
by cmjichinensei | 2005-06-22 17:56 | 日々(旧)

神業Flash

昨日は飲み会でここの更新ができませんでした。
しまったしまった。

というわけで朝から更新です。
このところあちこちで話題のフラッシュ紹介。既にご存じの方も多いのでは。

こちら。
独ソ戦の戦線完全再現してあります。色んな資料がてんこもりです。

朝会社に来たら、上司がエキサイトしていたのです。
私もちょっとだけ見たのですが、確かにともかくすげーです。
ぜひ音声はonにして見ることをおすすめします。
なんか全部で2時間とか有るらしいのでご注意。
[PR]
by cmjichinensei | 2005-06-22 09:26 | 日々(旧)

簡単れぽ

上司が昨日、某読者様の例会に呼ばれてゲームしてきたとか。
そこでかんたんレポ。

上司はえっちらおっちら古都まで出向いて行きました。
電識はあるそうですが、対面は初めてだったそうです。

プレイしたゲームはナポレオニックの精密会戦級ゲーム。
アウステルリッツのシナリオを2対2でしたそうです。
6時間くらいやって勝敗が見えたところでストップ。

このゲーム(タイトル忘れた)のように、会戦級で、特に結果が劇的だった戦いを扱ったゲームは
なるようにしかならない部分はあるけれど、いろいろとプレイヤー間の
錯誤や責任のなすりつけあいがあったりという楽しさもあるのだとか。

「なるようにしかならない会戦級ゲームとかを楽しく遊べるプレイヤーって
貴重なんだよ。結果が分かっててなお過程を楽しむ余裕ってのも、
このホビーの魅力の一つかな。
大阪に来てからは、そういうタイプのプレイヤーはまだ1人しかしらないんだけど」

理想の対戦者を捜すのは運命の恋人を求めるがごとし、ですな。

最後にDC4号付録の『三十年戦史』を、これも2対2で。
自分が立てた作戦を採用された場合、もう一人の味方プレイヤーがダイスを振る
という形で遊んだようです。結局2時間経っても勝敗つかず、<60シリーズ
終電ぎりぎりまで居座ったとのこと。

楽しかったようで、また遊びに行くつもり、と言っております。
京都経験少ないそうですが、いかがでしたか。
「ぶぶづけ出されなくてよかった〜〜」

なんか京都人に対して誤解があるようです。
[PR]
by cmjichinensei | 2005-06-20 20:41 | 日々(旧)

64号のプレイ収録をやりました。

c0010759_20175114.jpg
こんなことになりました。ここに至る経過は64号で!!<2ヶ月後
[PR]
by cmjichinensei | 2005-06-17 20:18 | 日々(旧)


国際通信社発行のコマンドマガジン編集部ブログ。編集日記とゲームあれこれをいちねんせいが書いてます。基本的に月-金で日々更新予定。詳細はヘッドライン参照。


by cmjichinensei

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
つれづれごと
ゲームよしなし
ゲーム(旧)
日々(旧)
関ヶ原ウォーランド
AT-43シリーズ
はやぶさ

リンク

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
more...

検索

お気に入りブログ

ソークオフだよ人生は(ほ...

タグ

(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ゲーム
歴史

画像一覧