『Conflict of Heroes』やってみた

シナリオ1をたぬきさんとやってみました。
インストは編集長です。
c0010759_21165798.jpg
マップ中央のソ連パルチザンの拠点だかなんだかを、ドイツ軍が制圧して討伐するシナリオです。
シナリオ1はルールの最初のところしか読まなくてもプレイできます。カードもないよ。
1章ずつ読みながらシナリオをこなしていって、フルでプレイするのはシナリオ6からになります。

基本はASLとかATSと変わらないかんじです。
撃つのも動くのもコマンドポイントを消費するという一括管理でわかりやすいです。
専門的なことはここをどうぞ。
おおむね、
ユニットを1つ選んで主導権プレイヤー(Aさん)が動かす>そのつど非主導権プレイヤー(Bさん)が対応(機会行動)
そのユニットが行動終了>主導権が移る>Bさんが主導権プレイヤーとしてユニットを1つ選ぶ
交互に繰り返して盤上のユニットが全部行動済み>次のターン
そんなかんじです。
では展開をさらっと。


西から入ってくるドイツ軍と、それを茂みで待ち受けるソ連軍。
私ドイツ軍です。出血覚悟で突っ込んでって、1個分隊が飛んでも別の分隊がたどり着けたらいいやーと腹をくくって2方向から駒を進めます。

初回プレイということで油断したのか、ついうっかり前に出てしまったたぬきさんのソ連軍は、軽機関銃の餌食に。

ほぼ無傷で早々に拠点を奪い取ったドイツ軍は、よさげな位置からソ連軍を撃ちまくります。
2D6で判定するんですが、わりと出目も良く当たる当たる。
パルチザンが次々と散っていきます。そんでドイツ軍に弾はあたらないんだねこれが。
全5ターンのところ、4ターン途中には初手を間違えちゃったたぬきさん投了です。

おおお。すっごいおもしろいわこれ。
勝ったからじゃないですよ。それもあるけどそこじゃなくて!
えーとこれ、たしかTRPGなんかでこう言うんだ。

システムが軽い。

だって戦術級なのにCRTがないんですよ!
当たるかどうか判定して当たった場所判定して当たり方判定して被害決定とか、チャートをとっかえひっかえしなくてもいいのです。
当たったかどうかを判定したら、チットを引きます。そんだけ。
チットにはユニットと対応する形で一目瞭然のペナルティが書いてあります。
単純計算すら苦手な私には神の福音のようなシステムです。
近づいたら勿論当たりやすくなるわけですが、どんな被害を与えられるかは最終的に
運。
確かに戦場で、「撃ったら当たったぜラッキー!」というのはある意味リアルです。

もちろん精密なゲームはそれなりの必然性があってそうなっています。
しかし、さくさく進められる手軽さと、判定が単純化されているが故に「この小隊をこちらから回り込ませて、その間にこっちの小隊が被害を引き受けて、で、もうすぐ火力支援が使えるから、ひと叩きしたらそのあと一気に突撃!」みたいな指揮の楽しさを、すごく分かりやすく遊ばせてくれる戦術級ゲームってすごくないですか。

すっかり惚れ込んだコマンド編集部は、83号編集真っ盛りだというのに和訳ルールを作り始めました。
カードもシナリオも訳しちゃいました。
(カードが入った方がぐっと面白くなるという編集長の予想)
もうすぐ再入荷するので、みなさんあそんでくださいなー。
[PR]
by Cmjichinensei | 2008-09-19 21:53 | ゲームよしなし


国際通信社発行のコマンドマガジン編集部ブログ。編集日記とゲームあれこれをいちねんせいが書いてます。基本的に月-金で日々更新予定。詳細はヘッドライン参照。


by cmjichinensei

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
つれづれごと
ゲームよしなし
ゲーム(旧)
日々(旧)
関ヶ原ウォーランド
AT-43シリーズ
はやぶさ

リンク

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
more...

検索

お気に入りブログ

ソークオフだよ人生は(ほ...

タグ

(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ゲーム
歴史

画像一覧