凛としてプリン

プーチンプリン
運だめしHappyプッチンプチン
メイドプリン
普通のHappyプリン

これまで数々のプリンが登場しました。

そして今ここに新たな伝説が。

うれしいプリン480
c0010759_17152050.jpg

となりのエスカップはタウリン1000mg(関係ない)。

ぷっちんするための突起がありませんが、すんなり皿に落ちてくれます。
こあらさんの分と2個頂きました。

480x2=960

……。ほぼ1kgのプリンとか、な。

何の罰ゲームでしょう。ものには限度があるのです。ゲームにはバランスも必要なのです。
プッチンプチン400gも厳しかったわれわれに、480gとか意味が分かりません。
ていうか需要が分かりません。だれがこんなに食べるんだよ。
しかし気づく私とこあらさん。

「……別に、今すぐに1人1個食べなくてもよくない?」

そーだよ、はんぶんこすればいいんだよ! 
はんぶんこ、いい響きです。ピレネー山脈だって超えられそうです。
240gならなんとかなりそう!

というわけで落としてみた。
c0010759_1921569.jpg

まじめに卵で固めてあるので以外とへたったりしませんでした。
12cm→9cm
おお! 優秀だ!!


予定通り半分こして食しました。240gとはいえ割とバトルです。
(参考:レギュラーのプッチンプリン=175g)
おいしんです。すごくおいしいんです。卵の風味がたまりません。
おいしくなければ話が早いので、むしろ罪作りな味です。

しかしスプーンで二分割とかすると、卵豆腐みたくなっちゃいますね。
やはりナイフですべきでしたね。一気に崩壊してしまいました。
写真を撮ったんですがなかなかに生々しいので自重。
まあ口に入れてしまえば同じなんですけどね。


昔、グリコがプリンを商品化したのは、パーラーなどで最も人気のデザートだったからだとか。
当時は女子供がターゲットだったようですが、現在の大型プリンは若い男性に人気だと言うことです。
時代の変化にしなやかに対応するプリン。いちねんせいはこれからもプリンの明日を見守ります。

とりあえずもう一個はいつ食べるべきだろうか。
[PR]
by cmjichinensei | 2008-09-04 19:22 | つれづれごと


国際通信社発行のコマンドマガジン編集部ブログ。編集日記とゲームあれこれをいちねんせいが書いてます。基本的に月-金で日々更新予定。詳細はヘッドライン参照。


by cmjichinensei

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
つれづれごと
ゲームよしなし
ゲーム(旧)
日々(旧)
関ヶ原ウォーランド
AT-43シリーズ
はやぶさ

リンク

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
more...

検索

お気に入りブログ

ソークオフだよ人生は(ほ...

タグ

(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ゲーム
歴史

画像一覧