ぽけばと 『Stand at Mortain』(AtO)

ぽけばと、というものがあります。
さらに略すとpkbt.(しなくていい)
正式名を『Pocket Battle Game』シリーズ。
(PBGじゃないのとか言わない)


何の話かというと、AtOのおまけゲームです。
今年のAtOには、【ゲーム付き絵はがき】というものがおまけに付いていたのです。

こちら現物。
c0010759_1805563.jpg
さすがAtOです。見場はいつでも一級品です。

AtOにしてはめずらしく、西部戦線のどこかです。
とはいえ「Mortain」という地名がどこだか分からないマイナーぶりは、ならではといえるでしょう。
勝利条件は、ドイツ軍がマップ端から端までを5ユニット突破と、連合軍はその阻止です。

簡単そうなのでプレイしてみました。
私が連合軍で上司がドイツ軍です。
えーと、サイコロではなくトランプを使います。
デッキからカードを引き、赤が出たら連合軍、
黒が出たらドイツ軍にイニシアチブ。
戦闘結果もカードの引きが決めます。
そしてジョーカーが出たら問答無用でターン終了。

結果。
c0010759_1853744.jpg
縦深防御むなしくがんがん抜かれるし!(そういえばZOCなんてない)
赤のカード出ないから動けないし!(確率は1/2だが偏りがち)
ジョーカー出ないからターン終わらないし!(増援がこない)

ダメゲーですね。
「ダメゲーだな」
おお意見の一致。
そして初期配置の基本思想間違ってました私(自由配置だった)。
というわけで再戦です。(「ええ?すんの?」)するの。

どうです! ドイツ軍の足を完全に止めましたよ!
c0010759_18224631.jpg


「うわ、頭の悪い配置」

んなこといったって、こっちのほうがよっぽど効果的なんですから実際。
戦線がっちり作ってたたき合いをするのが正しい遊び方なのではないかと思います。
がんがんカード引いて、がんがん攻撃しあうのです。

「もうちょっと言うなら、戦線を下げて街のあたり(地形効果有)で隠れておいて、
防御に徹しつつ第2ターンに入るのを待って戦線を作る、とかすると効果的かもね」
なるほど。しかしそんな作戦研究をするほどのもんでもないのが実情です。

でも楽しかったですよ! バカゲーばんざい!

そんな光景を生ぬるい視線で眺めていたはずの編集長が、
ちょっと引っ込んだかと思うと、紙束を抱えて戻ってきました。

「これ、72号のおまけにつけるから」

はがきゲームつくっちゃったよこのひと!!

仕事増えましたね(こっそり)。
というわけで、72号を予約してくださったみなさまに、はがきゲームを封入してプレゼント!
テーマは『フィールドマーシャル』の南方戦線です。

テストプレイには私も参加しましたが、
簡単なわりに詰め将棋的な思考が要求されるちゃんとしたゲームでした。


あれ? さっきのもサイズは同じはずですよ?
[PR]
by cmjichinensei | 2006-12-08 18:25 | ゲーム(旧)


国際通信社発行のコマンドマガジン編集部ブログ。編集日記とゲームあれこれをいちねんせいが書いてます。基本的に月-金で日々更新予定。詳細はヘッドライン参照。


by cmjichinensei

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
つれづれごと
ゲームよしなし
ゲーム(旧)
日々(旧)
関ヶ原ウォーランド
AT-43シリーズ
はやぶさ

リンク

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
more...

検索

お気に入りブログ

ソークオフだよ人生は(ほ...

タグ

(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ゲーム
歴史

画像一覧