ギョエテとは俺のことかとゲーテ言い

上司が一冊の本を手に突っ伏していました。
仕事をしたくないのかと思ったらちがうようで(いやちがわないか)、
どうもその本に打ちのめされたらしいです。

c0010759_203366.jpg
南北戦争フリークな上司が資料として買ったらしいのですが、
とっても素敵トンデモ本だったようです。
先生とか議員さんとか歴任したおじいちゃんが自費で出したっぽいです。
南北戦争を通史として書いた、日本では珍しい本。

どう素敵なのかを語るのは難しくありません。
とりあえずまず名前が素敵。

アブラハム・リンコルン大統領。

いつどこの誰だ。
……南北戦争なんだからリンカーンなんでしょう。

ドブルソン要塞。
……ドネルソンだと思われます。

ポットマック軍。
マクドナルドの新製品……ではありません。

ナタンベッドフォード・フォレスト。
ネイサン・ベドフォード・フォレスト……。

ロセカン。
ローズクランだと思われ。

シェアマン。
しゃーまん……。

すでに頭がくらくらしそうですが、まだまだあります。

「カルペッパーからほど遠くないセダンマウンテン……」

「アンチェタムクリーク上のシャープスブルグ」

「ジョージゴルドン・メアド大将

極めつけ

「ペテルブルグ」
ここはどこだ!(ピータースバーグだったらしい)



この作者高校教師だったらしいのですが、
教え子の受験がどうなったのかとても不安です。

しかもものすごい南軍びいきだったようで、
『その彼らの死がアメリカの存する限り、暗闇の空に輝く光を意味するのだから。(中略)南部軍兵士は連邦軍兵士と同じ位、没我的献身を以て戦った。彼らはヒロイズムを以て死の冒険をした。』

なんかもう(目眩)。

ある意味南北戦争決定版。
オンリーワンにしてナンバーワン。

この方太平洋戦争で出征した方だそうです。
……連合軍に敗れた大日本帝国軍人たる己を、
南軍兵士に投影していらっしゃるのでしょう。
下手につっこむのは野暮というものです。

でもこの本信じたら大学落ちますから!!!






ところでそろそろ起きて仕事しませんか。
[PR]
by cmjichinensei | 2005-05-17 20:30 | 日々(旧)


国際通信社発行のコマンドマガジン編集部ブログ。編集日記とゲームあれこれをいちねんせいが書いてます。基本的に月-金で日々更新予定。詳細はヘッドライン参照。


by cmjichinensei

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
つれづれごと
ゲームよしなし
ゲーム(旧)
日々(旧)
関ヶ原ウォーランド
AT-43シリーズ
はやぶさ

リンク

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
more...

検索

お気に入りブログ

ソークオフだよ人生は(ほ...

タグ

(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ゲーム
歴史

画像一覧